2013年3月28日木曜日

人種のるつぼ,タシケント

「駅はどっちですか?地下鉄に乗りたいけど駅が見つからなくて」

幼子を抱えた,まだ20代くらいのウズベク人女性がロシア語で尋ねた。



「ここをちょっと真っ直ぐ行って,左に曲がって… いや,時間あるから一緒に行きましょう」 

 私がそういうと,彼女はホッと胸を撫で下ろして嬉しそうな表情で何度も胸に手を当てて礼を言う。


私がタシケントに越して,ちょうど10日後の出来事だった。
そうだ,私はタシケントでは「外国人」なのだ。なのになぜ道を聞かれたのだろう?


答えは簡単だ,彼女が駅に行く道中でこう言った。「まさか日本人とは思わなかった。顔がそっくりだから。」
彼女は私をタシケントっ子だと思ったのだ。
確かに,街をひとりで歩いていて凝視されたことも,外国人だと騒がれたこともなければ,当然差別のようなものを受けたことだって一度もない。
そう,ここでは誰も私を外国人とは思わないのだ。日本から6,000kmも離れた地で,である。


私の化粧が少々濃いのと,大学で定められたある程度のドレスコードに遵守した服装だったというのもあるかもしれない。(留学中の大学ではドレスコードが緩く定められている。詳細は後日。)

しかし,街を歩いていると,必ずしもそれだけではないとも思えてくる。
なぜなら,タシケントはまさに「人種の坩堝」だからである。
この街では,テュルク系の顔立ちをしている人もいれば,アラブ系,スラヴ系,東アジア系など,本当にたくさんの顔を見ることが出来る。


そう,ここはシルクロードの要所。
文明や文化のみならず,人種も複雑に混じり合う地なのだ。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2013年3月27日水曜日

タシケント生活が安定してきた

タシケントに暮らし始めてちょうど2週間が経過した。
この2週間は,思い返せば長かったようにも感じるし,短かったようにも感じる…

この2週間だけでも驚くこと,ブログに書いて発信すべきことをたくさん経験した。
しかし,なぜ書かなかったか。



…書けなかったのだ。


私は大学の寮に暮らしている。
寮の6階で,エレベーターは故障して動いていない。
しかし,案外苦にならないのは友だちがたくさんできたから。
周りに暮らしているのはほとんどがウズベク人学生であるが,気さくな彼らとはすぐに打ち解けられた。
(実際に今もウズベク人学生たちと寮の廊下に座り込み,wi-fiの繋がりが良い窓辺に固まってダベりながら書いている)

そして特筆するべき点は,寮のwi-fiの調子が実に悪いことであろう。
入寮してから2週間,全くと言っていいほどwi-fiは動いていなかった。
しかし24日,同じ階のбратのJ君とF君と協力して調整に踏み切った。
苦労して調整した結果,寮の廊下の窓辺でだけwi-fiが動作するようになたのである。



しかし,インターネットが開通した昨日のことだった。
寮のお湯がすべてストップした。(ウズベキスタンあるある)

すっかり仲良くなった寮母のおばちゃんは笑いながら言う。
「明後日までお湯が出ないよ」

ウズベキスタンで,相当逞しくなる気がした。(すでに逞しくなっている)


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2013年3月4日月曜日

留学まであと1週間

未だに信じられませんが…
私が日本にいるのも,あと1週間となりました。

3月12日(火),
大韓航空にて日本を飛び立ちます!
1年間,ウズベキスタンの世界経済外交大学で学んで参ります!



「地球の歩き方 中央アジア」,「大韓航空チケット・案内」,「パスポート」


タシケントではウズベク語とロシア語を学ぶのはもちろん,
研究のための調査も本格的に実施する予定です。

私の研究テーマは「ウズベキスタンのタタール人の言語状況」ですが,
日本には先行研究がないので,調査してどんな結果が出るのか今から楽しみです!


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

留学に至るまで (5) 最終回

1月に留学の目標が潰えたかと思えば,まもなく別の大学への留学が決まる…
中々ない状況で振り回され,大変な思いをした。今思えば,留学2回分の準備と労力を1ヶ月という短期間で費やしたのだ。
もう一度やれと言われたら,たぶん出来ない。

1月の末に大使館へ留学に必要な書類を提出。
内容については「留学に至るまで (3)」に挙げたものと同じである。
  • 成績証明書 (英文)
  • 在学証明書 (英文)
  • HIV検査証明書 (英文)
  • 健康診断結果書 (英文)
  • 研究計画書 / 研究目的 (英文)
  • 履歴書(CV) (英文)
  • 学長と学群長の推薦書 (英文)
  • 証明写真 (3x4を10枚程度)

のちにウズベク外務省から大使館経由で「приглашение (招待状)」が届いたのは2-3週間後。それからは,これまでが嘘だったかのように早かった。

招待状が届いたと電話連絡を受けて3日後。
2月20日に無事,VISAが即日発行。

まもなく航空券も1年オープンのものを購入し,あとは準備をして飛び立つのみとなった。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ