2013年3月27日水曜日

タシケント生活が安定してきた

タシケントに暮らし始めてちょうど2週間が経過した。
この2週間は,思い返せば長かったようにも感じるし,短かったようにも感じる…

この2週間だけでも驚くこと,ブログに書いて発信すべきことをたくさん経験した。
しかし,なぜ書かなかったか。



…書けなかったのだ。


私は大学の寮に暮らしている。
寮の6階で,エレベーターは故障して動いていない。
しかし,案外苦にならないのは友だちがたくさんできたから。
周りに暮らしているのはほとんどがウズベク人学生であるが,気さくな彼らとはすぐに打ち解けられた。
(実際に今もウズベク人学生たちと寮の廊下に座り込み,wi-fiの繋がりが良い窓辺に固まってダベりながら書いている)

そして特筆するべき点は,寮のwi-fiの調子が実に悪いことであろう。
入寮してから2週間,全くと言っていいほどwi-fiは動いていなかった。
しかし24日,同じ階のбратのJ君とF君と協力して調整に踏み切った。
苦労して調整した結果,寮の廊下の窓辺でだけwi-fiが動作するようになたのである。



しかし,インターネットが開通した昨日のことだった。
寮のお湯がすべてストップした。(ウズベキスタンあるある)

すっかり仲良くなった寮母のおばちゃんは笑いながら言う。
「明後日までお湯が出ないよ」

ウズベキスタンで,相当逞しくなる気がした。(すでに逞しくなっている)


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿