2013年4月19日金曜日

ウズベク語のいま

ウズベキスタンは多民族・他言語の国だ。
この国には実に120以上の民族と,それ以上の言語が共存している。



基本的には国語であるウズベク語と,民族共通語のロシア語が話されている。
旧ソ連を構成する国の一つだったウズベキスタンでは,ソ連時代は盛んにロシア語教育が行われ,その地位も大変高いものだった。
ロシア語教育は充実し,知識人のステータスのような扱いだった。
当時はどんな民族であってもロシア語だけ話して生活する,ということは実に普通のことだったという。
現在でもソ連時代・ソ連崩壊直後に生まれた人の多くはロシア語を得意とし,ウズベク民族以外の人の多くもロシア語を母語としている。


ところが,それから20数年が経った現在。
ウズベキスタンは独立し,その名の通り「ウズベク人の国」となった。
街の中ではウズベク語が盛んに聞こえるようになり,ロシア語の地位が下がり始めた。
現在でもロシア語教育は盛んに行われているが,「学校ではロシア語,それ以外ではウズベク語」という感じだ。



ウズベク語授業ノートテキスト辞書




それに困ったのは,ウズベク語を話さない民族だ。
ロシア人,タタール人,朝鮮人が今も多くウズベキスタンで暮らすが,彼らの母語はロシア語である。
これまではロシア語のみで事足りた社会なので,誰も彼らがウズベク語を知らないことに対して疑問も不便も抱かなかった。
ところが現在は社会の急速なウズベク化に,彼らは焦りを感じているようだ。


私が留学する大学には,ロシア人・タタール人・朝鮮人の先生も在籍している。
彼女たちも最近,私と共にウズベク語を勉強し始めた。
1から,つまりアルファベットから学ぶ彼女たちの真剣な目に,事の重大さが見て取れるようだった。




あるウズベク人は言った。「ここはウズベキスタンであって,ロシアじゃない。ウズベク人の国であるから,ウズベク語で話したほうがいい」

あるロシア人もこう言う。「昔に比べてロシア語を話しにくい社会になった。ウズベク語が出来ないと生活が難しい。でも私はロシア人だから,ウズベク語を話すことに少し抵抗がある」

一方,ある朝鮮人はこう言う。「ここはウズベキスタンだからウズベク語で話すのは当然だと思う。だが,たくさんの民族が暮らしているので,民族共通語としてのロシア語も必要だ」


状況は,複雑だ。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2 件のコメント:

  1. 久しぶり!いつもFBとブログ見て刺激されてます!

    今日のブログで凄く気になったんだけど、どうして沢山の言葉の共存が可能だったんだろう…?○○語とロシア語だった時代ではわざわざ2か国語勉強するってことであれば、時がたつにつれて○○語は廃れていってしまう可能性があったのではないかと…。それほど自分の言葉に誇りを持っていたのかな。日本だって方言がどんどん無くなってきたり、標準語に近い方言になってきたりと。日本の方言が無くなってきている今、どうしたら共存が可能だったか(ちょっと大袈裟だけど)考えてしまいます。

    返信削除
  2. Setsu@
    コメントありがとう。
    ウズベキスタンでは,独立直後(つまりソ連崩壊直後)はロシア語のほうが圧倒的に話されていたとか。ただ,政府が「文字をキリル文字からラテン文字に移行する」「ウズベク語教育の強化」という取り組みを時間と労力をかけて行ったので,今の状態が保たれているのかなと思います。
    もちろん,ウズベク人の多くはウズベク語に対する愛着や誇りを持っているので,そこも大きいポイントでしょう。

    ウズベク社会は日本とは違って,実に多様な民族が暮らす社会。「共通言語」がないと意思疎通が図れない,という部分もあるので,やはりロシア語は必要になってくる… ということで,ロシア語もやはり同様に重宝されてきたように感じます。
    残念ながら,日本では標準語さえ話せれば日常生活で苦労はありません。その環境の差にあるのかな,と感じる今日この頃。

    返信削除