2013年5月21日火曜日

タシケントの街の風景

突然だが,タシケントに来てから散歩が趣味になった。
道行く人に道を尋ねながら,時には買い食いをしながら,行き先を定めずに散歩するのが好きだ。
そして,何も考えずに歩き,ふと考え付いた取りとめのないことが何かの第一歩になったりする。

タシケント中心部は綺麗に舗装されていて,歩きやすい。
物もたくさんあるので,歩いていて飽きない。
そして,市中心部はアジアとヨーロッパの中間という雰囲気で面白い。



この通りは少しロシアのような雰囲気…


最近日中の体感温度は40度を超えるのが難点だが…
日焼け止めをたっぷり塗って,サングラスをかけ,適度な水分補給を怠らなければ特に問題なし。
日本とは違って湿度は低いので,日陰にさえ入れば涼しくて気持ちがよい。
基本的に暑いが,慣れるものである。

市の中心,アミール・ティムール広場横。

そして,暑くて嫌になったら,近くの広場に行けば噴水があるので…
裸足になって入れば中々涼しい。

ムスタキリック・マイドニには足を入れられる大きな噴水が


こんなことをしていると,うっかり半日は過ぎてしまうので,最近は散歩は授業があまりない日にだけ行くことにした。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿