2013年5月31日金曜日

ウズベキスタンで化粧が濃くなった理由

「もっと目元をお化粧しなさいな。もっと綺麗になるわよ」


ウズベキスタンに来て間もない頃,同性の友人にそう言われたことがある。
私は元々化粧はどちらかと言えば濃いほうなのだが…

だが,周りを見渡して納得。
タシケントのお洒落な女性たちは,とにかく目元のお化粧が濃い。
今まで行ったことがある国の中でも群を抜いているのではとさえ思う。

逆にキチンと化粧をしないと「若い小娘が」とナメられることもあるので,ウズベキスタンでは時間をかけて化粧をするようになった。
とくに目力は大事だ,目元をもっと濃くしろ,という声が聞こえるので,目元を重点的に。
化粧が上手な友人にアドバイスを貰いながら,ウズベク風目元メイクを習得した今日この頃。


ちなみにウズベクではOriflameが若い女性に大人気



そして気づいたことが一つ。
最近凄まじい日差しが照っているのに,思いのほか眩しくない。
サングラスのおかげかと思ったのだが,どうにもそれだけではないらしい…

そうか,目元の化粧のおかげか!

大リーグの野球選手が目の周りに黒いテープを貼るのは,眩しさを軽減するためだと聞いたことがある。
ここで合点がいった。
この眩しいウズベキスタンに於いて,濃い目元の化粧は割と理にかなっているのだ!

友達にその話をしたら,

「それもあるかもしれないね。でも,とりあえず綺麗に見えればそれでいいや」

という答えが返ってきたが…



化粧関連で驚いた話はもうひとつある。
先日,日本から持ってきたアイメイク用品が切れたので(思いのほか消費量が上がった…),友人オススメのコスメショップに行ってきた。
そこで聞いた言葉。


「私に似合う色は?」


20代前半くらいの若い女の子が,美容部員にそんな質問をしていた。
よく耳を澄ましてみれば,そんな質問をしているのは彼女だけではない。

日本では「流行りの色は?」「人気の色は?」という声が聞こえてくる場面だが,ウズベキスタンでは「自分に似合う色は?」となるらしい。

日本とは違い,多民族国家であるウズベキスタンならでは,であろう。
人によって顔のつくりや肌の色が違うこの国では,流行よりも自分に似合うか否かが問われているようだ。

私も思い切って聞いてみた。私に似合うアイシャドウはどれかしら,と。
そうしたら,素敵な深いブラウンのアイシャドウを持ってきてくれた。
日本ではあまり選ばない色だが,実際に使ってみてビックリ!自他ともに認める似合いぶりではないか。


最近,こっちではやたらと「綺麗になって…!」と言われる。
だが,日本に帰った時に間違いなく「濃い!」と叫ばれる濃さだ。

始めは鏡の中の自分に驚いていたのに,今や何とも思わなくなってしまった自分自身が少々怖い今日この頃である。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿