2013年8月31日土曜日

街で出会った、あるおじいさんの話

「お嬢さん、隣いいかな」


木陰のベンチで物思いに耽っていたら、70歳かそれ以上の年齢くらいのおじいさんが、確かな声でそう言った。
手には空のペットボトルを集めた麻袋。不自由そうな左目。
私は頷くでもなく、首を横に振るでもなく。
只々、おじいさんの身なりから、「物乞いかな……」と思い、面倒なことは避けたいなとうっすら思った。


おじいさんはゆっくりと、まるで地面を揺るがすような低い、威厳のある声で話す。
彼がフェルガナからやって来たこと、若い頃はアフガニスタンに兵士として駆り出されて左目を失ったこと、何年も前に故郷に家族を残してひとりタシケントに出稼ぎにきたこと、生活にとても困っていること……
ひとつひとつ、噛み締めるように彼は彼自身の人生を語る。


彼の現在の生活がどれほど苦しいか、と聞いて、思わずポケットにあったお金を手渡そうとした私。彼はそれを首を振りながら拒絶した。
「わしはただ、話を聞いてもらいたかったのじゃ、お金が欲しいだなんて思っとらんよ」


私はその言葉を聞いた瞬間に、自分自身をひたすら嫌悪した。
おじいさんを、見た目から勝手に物乞いと判断し、面倒なことなら避けたいと思ったことに対して、
そして只々同情するだけで、その先のことは何も考えずにお金を差し出したことに対して。


おじいさんは続けて言う。

「この苦しい状況もまた神の思し召し… たまに、お嬢さんのように、嫌な顔せずにわしの長話を聞いてくれる人がいると、今日も生きていこうと思えるのじゃよ」

「お嬢さんは心が綺麗なんじゃ。じゃが、簡単にお金を出してはならぬ。そこにつけこむ悪い輩もおるからのう…」


彼はカッカッカッと笑いながら、深い皺を更に深くさせる。浅黒い肌に走る皺は、彼の人生の深さを物語っているかのようだった。

「あなたと話せてよかった、神の思し召しあらばまたお会いしましょう」


―― 紳士然と、しっかりとした足取りで去るおじいさんの後ろ姿を見て、只々思う。彼に幸あらんことを。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿