2013年10月18日金曜日

タシケントでインフルエンザ・ワクチンを接種してみた

本日タシケントは晴天なり。
本日タシケントはワクチン接種日和なり。


最近街中の広告に、「простуда(風邪)」だの「грипп(インフル)」という単語が目につくようになった。
確かに最近急に寒くなり、自分の回りでも咳き込む人が増えている。
とっても乾燥するウズベキスタン、風邪やインフルエンザには用心しなくては。


...と思っていたら、大使館からもインフルエンザ・ワクチン接種の案内を受けた。
思い立ったが吉日。
さっそく次の日に案内通りにワクチンを接種しに行くことに。


今回ワクチンを接種しに行くのは、「Tashkent International Medical Clinic」という私立病院。
タシケント在住の外国人向けの病院で、先生もスタッフも全員英語を話す。
そして、多くは腕のいい外国人医師。 (今日はインド人、韓国人、ドイツ人の医師がいた)
JICA駐在員をはじめ、在留邦人の多くもここにお世話になっているようである。

お世辞にも医療が進んでいるとは言えないウズベキスタンで、注射をするのは抵抗がある。
でも、このInternational Clinicなら安心できそうだ。


案内を受けた翌日、金曜朝10時。
病院に電話をしてみることに。時間や予約の有無を確かめねば。
相変わらず電話での会話にテンパる私だが、今日は久々の英語での電話とだけあって、更に緊張。病院の電話番号を押している間は、口から心臓が出るかと思った。

 ――"Hello, this is the Tashkent International Medical Clinic."

おお! 英語だ!!
流暢な英語で応答してくれた。タシケントなのに!

聞いたところによれば、
・時間は8時~17時まで
・受付は必要なし (飛び入りでOK)
・ドル払い・スム払い・VISA払いのいずれも可
とのことである。

では、早速行ってみよう。
ちなみにこのInternational Clinic、タシケント駅の裏側から更に2-3kmほど行ったところにある。
かなりわかりにくい場所で、タクシー運転手も人によっては知らない。
一番確実に行く方法は、バスである。


 東洋学大学前、シャフリサーブス通りのバス停。55番。

International Clinicのある通りを通るバスは、55番と106番だけ。
今回は、東洋学大学の前のバス停から55番に乗ることに。


タシケント駅を通り越え、駅の裏側へと続く細い通りを行くバス。
降りる場所は、地図を見る限りここのはずだ。

....ここでいいんだよね.....?! (募る不安)

International Clinicというから、かなり大きくて目立つ建物を想像したのだが...
何の変哲もない通りだ。そして目当てのものがない。
でも、地図を見る限りここであっているハズ。

結論を言えば、上の写真の右側の塀の向こう側がInternational Clinicだった。


International Clinicの正門

そう、この病院に目印はない。
強いて言えば、塀に大きく黄色い文字で「38」と書いてあることくらい。
それ以外は、何の変哲もない門と塀があるだけ。

恐れてはいけない。
これがInternational Clinicの入口なのである....。

最初からこんな感じだったので、本当に大丈夫か?! 実はInternational Clinicと言っておきながら、本当はウズベクの一般病院と変わりないんじゃないか?! と不安がよぎり始める。


門のにあるインターフォンを押すと、扉が開く

門は中々頑丈な感じだが、インターフォンを押すと暇そうな門番が開けてくれた。
そして、現れる小奇麗な建物。
そこには、上の写真のように「Welcome to the Tashkent International Medical Clinic」と看板が掲げられていたのである。

安心した...!
病院内に入ると、あちこちから聞こえてくるのは英語だけ。
患者も多くは外国人で、受付はとっても親切に英語で応対してくれる。

受付では、「インフルエンザのワクチンを接種したい」との旨を伝えるだけでよい。
あとは、姓と名を書くだけである。(領収書用)
生年月日や住所といった基本情報なども必要ない。本当に簡単だ。


ワクチン接種自体は、ものの3秒で終わる。
待ち時間を含めても、15-30分程度と考えてよい。 (往復する時間の方が長い...)


支払いはUSドル、スム、VISAカードのいずれでも可能である。
私はドルで支払ったが、きっかり30ドルであった。
日本でワクチンを接種するのとほとんど変わりない。

但し、ウズベキスタンに輸入されるワクチンの数には限りがあるようなので、病院に接種しに行く前には必ず電話で確認してから行くと、確実である。


ちなみに、市内薬局でもワクチンを購入・接種することができる。
価格は24,500スム、8ドル程度と格安である。
但し、薬局購入の場合は自分で接種(!)しなくてはならない。度胸のある方向け。
(薬剤師がいる大きな薬局であれば、その場で薬剤師に頼むこともできるという)


これからタシケントは更に乾燥し、インフルエンザも流行期に入る。
ワクチンの接種が最も確実な予防法なので、みなさんも是非受けましょう。


TASHKENT INTERNATIONAL MEDICAL CLINIC
TEL: +998(71)291-01-42
Add: 38, Sariko'l ko'chasi, Toshkent
HP: tashclinic.org/ (2013年10月18日現在閲覧不可)


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿