2013年11月26日火曜日

大統領によるタシケント渋滞事情

タシケント中心部は毎朝毎晩「大統領渋滞」なるものが発生する。
大統領の出勤退勤時に道路を閉鎖して、大統領の車列が滞りなく通行するためだ。大変名誉なことか、私は登校時刻と通学路がカリモフ大統領と同じ(!)なので、毎朝道路封鎖による激しい渋滞に巻き込まれる。


毎日のことなので、市民も慣れていて通常なら混乱は少ない。ただ、今日だけは違った。
いつもより手前から道路が封鎖され、数百メートルに及ぶ渋滞にバスが巻き込まれてしまった。
これが今日までにタシケントで経験した渋滞で最も酷いものだった。

これはひどい... 動けんがな。

バスとの隙間30cmくらいで、四方を車に取り囲まれて身動きが取れない。
周囲から聞こえる阿鼻叫喚。クラクション。パトカーのサイレン。
一瞬、この渋滞から一生抜けられないんじゃないかと錯覚を起こすほどのカオス。
バスは渋滞にはまった20分程度の間に、何度も他の車にぶつけぶつけられてしまった。


そう、昨日隣国トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領がタシケントにやって来たのだ。
どうやら今日はこれからお帰りになるらしく、いつになく警備を厳しくした上に、空港に向かうためにイレギュラーな道路封鎖をしていたらしい。
こんな風に何があるか分からないタシケント。
大学までバスで15分だが、結局授業の1時間以上前には家を出ることにしている。




ちなみに私が毎日乗る、この緑色のタシケント市バス(大)はメルセデス社製である。
運転は荒いし、椅子も強度が足りない感じがするけれど、あのベンツである。
ベンツが聞いたら怒るかもしれない。
このメルセデス市バスだが、時折こうした画像をネット上で見かける。
みんな口々に不便だ、怖いだ、混んでるだの言うけれど、愛されているようだ。
画像に書いてあるフレーズだが、一度ウズベク語の先生に同じことを言われたことがある。
彼女も私と同じようにバス通勤だが、例によって大統領渋滞に巻き込まれてしまったようだ。そこで、私に電話で一言。「待ってて、今緑のベンツで行くから」
ちなみにタシケント市バス(小)は、我らが日本のいすゞ社製である。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2013年11月5日火曜日

多様なタシケントの食事情

ウズベキスタン――
知る人ぞ知る「食の国」である。

旧ソ連圏で食の国といえば、ウクライナ、グルジア、そしてウズベキスタンが挙げられるだろう。
我らがウズベキスタンはプロフやシャシリクをはじめ、様々な料理が有名である。
そして、ウズベク料理確かに美味しい。
だが、日本の食文化からは大きくかけ離れている。

なので、ウズベク料理を知る人たちには
「食事はどうしているの?」「大変でしょう...」
と言われることも多く...

だが、多くの人が想像する以上に私は日本的な食生活を送っている。
日本から6,000km以上離れたこの地であっても、日本でお馴染みの食材は案外安価に、且つ容易に手に入ってしまうのだ。
ウズベキスタンはウズベク料理で名を馳せる食の国というばかりではなく、食材が中々豊かなのである。
この食材の豊かさ、結構気に入っている。

ちなみに、ある日は豆腐、長ネギ、豚肉、白菜を購入。
鍋をやる気満々。

イスラーム教徒が国民の80%以上を占めるウズベキスタン。
だが、意外にも豚肉は容易に手に入る。
かつてのスターリン期に強制移住させられた朝鮮人やドイツ人などの子孫や、ソ連期に移住してきたロシア人など、未だ120以上の民族が共存するウズでは、当然様々な食文化も共存しているのだ。
とりわけタシケントには、日本と食文化の近い朝鮮人が多く暮らしており、一部地域では韓国系食材や雑貨を取り扱う商店がズラリと立ち並ぶ。
ちなみにウズベキスタンの大根はこんな「短足ちゃん」で可愛い(*´`)
人参は日本に比べると水気がなくて、切るのに一苦労...


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ