2013年12月25日水曜日

ウズベキスタン恋愛事情(2)

期末試験が終わり、冬休み到来の喜びを噛み締める私に友人が声をかけてきた。
ここ数ヶ月まともに話していなかったので、お互いに数分は近況を確かめ合っていたのだが..


「...そういえば、最近気になっている娘がいるんだよね..」


これまでとは少し声量を抑えて、少々恥ずかしそうに言った。
彼は博士後期の学生で、間も無く修了予定。
大学内で彼の評判は「仕事も勉強もよくできる男」とすこぶる良い。

... だが私知っている。
7月の段階では、彼と同じ地方出身の4年生の女子学生に恋焦がれていたことを。 (その時も軽く相談を受けた気がするが)


そのことを踏まえて、彼に事の顛末を聞くことにした。
彼が今恋焦がれているのは、またもや同じ地方出身の2年生の女子学生。
今年度から経済学のゼミを担当している彼のもとで学んでいるのだという。
では、夏に恋焦がれていた4年生の女子学生はどうしたのか、というと...


「まだきちんと返事を貰っていないから、SMSのやり取りは続けてる」


どうやら、彼は2-3人の女の子に惚れているらしく、その全員とやり取りをしている(!)らしい。
そして、とりわけ現在進行形で恋焦がれている2年生の女子学生には毎朝毎晩SMSを3-5通は送っている(!)のだという。
返事が返ってくるのは4-5日に1通だそうだが、それでも彼は「返ってこなくても、僕の送ったメッセージが既読になっただけでも嬉しい」(!) と、脳内お花畑全開。


最近は電話のみならず、SMSでのアタックも一般的?なウズベキスタン


更に、彼女は彼の実家の近所の出身で、幼い頃から彼女の家族と面識はあったのだという。
日本にいると想像できないほど親戚付き合いが頻繁なウズベキスタンでは、相手の親兄弟と親戚の人となりも、「相手選び」の重要なポイントである。


ウズベク人の間では、10代後半以降になると「付き合う = 結婚が前提」なのだ。
以前にも書いたことがあるが、ウズベク社会には
 「女性は独立しては生きていけない,結婚しなくてはならない」
 「男性は独りで生きていけない女性のためにも,結婚しなくてはならない」
 「結婚し,家庭を築くことこそが何よりも大きな幸せである」

という考えが一般的に広く浸透している。


私が軽く驚いて口をパクパクさせているところに、「ウズベキスタン恋愛事情 (2013年5月22日発)で紹介した彼がやって来た。(彼ら2人は友人である)
5月の段階で2年生の女子学生と付き合うことになった彼だが、どうも数ヶ月もしないうちにフラれてしまった(!)らしい。

その理由が、「彼女が結婚することになったから」(!)
彼女は、彼女の両親が用意した相手とお見合いし、気に入ったので結婚したのだという。
ウズベキスタンでは、やはり今でもお見合い結婚が一般的だ。
現代の都市部でのお見合い事情としては、男性の親兄弟・親戚が良い娘を見つけ、ふたりを知り合わせ、あとは任せる... というのがよくあるパターン。

そんな彼が、今回相談を持ちかけてきた彼に言う。


「年末地元帰るんだろ?彼女の分の航空券も用意して、一緒に帰ればいいじゃないか」
「もっと押せ、押していかに自分が情熱的に好きか見せつけてやれ」


ああそうか、と彼は納得したような表情だった。
ウズベキスタンでは、日本では到底信じられないような粘着質且つ激しいアタックをするのだ。
少なくとも私が知る限りでは、彼らに限らずウズベク人男性の多くがこんな感じなのだと思う。


では、そんな猛烈なアタックを受けた女性は一体どうするのだろうか?
どうやら、一般的な考えでは「情熱的なほうがいい」らしいのだ。

最近まで猛烈なアプローチを受けていた女友達は、ついに折れて彼と結婚するに至った。
その彼は彼女との結婚しか考えておらず、彼女の返事を待つ前に結婚式の準備をしていたほど。
日本であればサックリと着信拒否をするなりで無視を決め込む案件に違いないが... これが、文化の差なのだろう。


随分とスッキリした顔になった彼は、最後にこう言った。


「うまく行ったら、結婚式には絶対に呼ぶから来てくれよ!」


おいおい、まだまだ付き合ってもいない... というか、SMSの返事も滞りがちなのに!
だがここはウズベキスタン。日本の恋愛の常識は通じない。
当たり前だよ、そのときは歌うよ、と返事をした私なのであった。


そのほか、ウズベキスタンの恋愛・結婚事情についてはこちらもどうぞ
 ⇒ 「ウズベキスタン恋愛事情(1)」
 ⇒ 「ウズベキスタンの結婚観」
 ⇒ 「ウズベキスタン結婚事情」

2013年12月12日木曜日

ここがヘンだよウズベキスタン (ウズで見つけた不思議な出来事まとめ)

2013年3月12日にタシケントに来て、今日でちょうど9ヶ月。

思えば今日まで色々なものを見聞きし、本当に充実のウズベク生活を送ってきた。
日本ではありえないことが多すぎて、来たばかりの頃は「驚き疲れる」ということも。
今では驚きもなくなり、あらゆることを右から左へ受け流すことができるのだが...
ともあれ、今日は私の日常生活の中からいくつか面白いことを紹介したい。
本当にウズベキスタンはヘンなことが多い、面白い国なのである。

ちなみにウズベキスタンはここ、カザフスタンの下、ピンクで色付けられた部分である。


炭水化物に炭水化物
ウズベキスタンの主食(?)はノン(丸くてずっしりしたパン)である。
ありとあらゆる料理と共に食べるので、食事の必需品と言っても過言ではない。
そして、ウズベク料理を語るのに欠かせないのが伝統料理プロフ(油で炒めたご飯)。
もちろんプロフの時もノンは必需品である!
そう、「パンにご飯」なのだ。どっちが主食なのか分からない。
というか、炭水化物に炭水化物ではないかΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

ちなみにこれが伝統料理のプロフとノン。

ウズベク語を話す外国人はとっても珍しい
ウズベキスタンはかつてはソ連の一部だったため、今でも街中ではロシア語が聞こえる。
特に首都タシケントでは、街中の広告や店の中の表示までロシア語が多くを占める。
ウズベク人でも実はウズベク語よりロシア語のほうがが得意だという人は、老若男女問わず決して少なくないのである。
そこで、遠く離れた日本から来た外国人がベラベラとウズベク語で話し始めると、ウズベク人は皆一瞬絶句するのだ。
そして、程なくして人だかりができて、質問攻めに合うことも...(。-∀-)


外国人は皆、ロシア語を話すと思っている
旧ソ連圏どこでも言えることだが... ウズベキスタンでもこの傾向は強い。
私も例によってロシア語で話しかけられることが多いが、ウズベク語で返すと激しく喜ばれる。
そして一緒に写真を撮ろうと言われる...(*´∀`*)
最近タシケントでは英語を話す若者も増えてきたが、やはりロシア語のほうが得意らしく。
頑張って英語で話しかけてくるのだが、ロシア語やウズベク語で返すと大変ホッとした表情で対応してくれる。


Mehmon(お客さん)とXudo xohlasa(神の思し召しあらば)は魔法の言葉
上記の単語、「メフモン」と「フド・ホフラサ」と読む。
いつもは強気のウズベク人もこの2つの語には大変弱い。
遠方からの客は丁重にもてなすのがウズベクの国民性。
例えばバザールで「私は遠くから来たメフモン(お客)だから負けてちょうだい!」
と強気に言うとかなり負けてくれる。何度も言うが、ウズベク語で言うのがポイントである。

また、ウズベク人は
「いつ結婚するのか」
「タシケントで結婚式をするのか」
「いつ子どもをウズベキスタンに連れてくるのか」
などなど、「結婚生活」に関する質問が大好きだ。
このような答えにくい質問には「フド・ホフラサ」と言えば、それ以上聞かれることはない。
むしろ、彼らは誰もが一瞬絶句する。


常に札束を持ち歩く
ウズベキスタンの通貨スムは、今のところ3000スムで1ドル程度。
最高額面は最近5000スムになったが、未だに流通はほとんどしておらず...
常にカバンの中には1000スム札の束が場所を取っている。
ちなみに物価はそこまで安いわけではなく、一度の食事で20~30枚の1000スムが飛んでゆく。
500ドルを両替すると大変なことになる。

何だかとても悪いことをしている気分になる。


舗装されているはずなのに、道は穴だらけ
首都タシケントは想像以上に舗装されている道は多いが、それでもやはり穴が多い。
道路上に突如として現れる穴を、どの車も器用に、それはそれは器用に避けていく...
時には、穴を避けるために反対車線を当然の如く走行することも。
もちろん、その時反対車線には車が走っているがお構いなしである。
そんな危ない運転をしている割には、そこまで悲惨な事故は少ない。
ある意味テクニシャンなのだろうか...?


信号が動かない
信号があっても動いていない。
そもそも信号があっても、その信号機が明後日の方向を向いていて、誰に対して信号を送っているのか分からない。
だから、車がいない時に渡る。というか、車がいても無理やり止めさせて渡る。
それがウズベク流なのである。


一応?ムスリムなのか... なんちゃってムスリムな国?
国民の80%以上がムスリムというウズベキスタンだが...
とりわけタシケントでは、若い男女が公園のベンチを占拠して抱き合ってキスをしている光景をよく見かける。
恋人同士以外でも、案外ベタベタとしている( ゚д゚ )
そして、若者は煙草をふかし、酒を飲み、豚も食べる。
女性は胸元を大きく開け、ミニスカートで颯爽と歩いている(ノ゚ο゚)ノ
何だか見ているこっちがハラハラしてしまうのはここだけの話。
それでも、やっぱり夜に女性一人で出歩いたり、婚前交渉などは当然タブーなようである。
やっぱり、ウズベキスタンはムスリムの国なのだ。


そのお金は一体どこから...??
この国の平均月収は300~500ドル程度と言われている。
地方に行くほど下がり、タシケントは例外的に月500ドル程度だとか。
給料は決して高いわけではないのに、ほとんどの若者は300ドルくらいの携帯電話を持っている。
1万ドルくらいの車も乗り回している。
一体そのお金はどこから出てくるんだろう...????


ウズベク人の挨拶は信じられないくらい長い
アッサローム・アレイキュン(こんにちは)から始まり...
元気?健康な生活してる?調子はどう?昨日ちゃんと休めた?最近退屈してない?疲れてない?ご家族は元気?お父さんお母さんは元気?病気してない?勉強は順調?生活はどう?色々上手く行ってる?
などなど.....
これをお互いに聞き合うわけだが、この質問に対する答えは求められない。
ちなみに、一方的に上記の挨拶を5分以上され、こっちは「うん、うん」と首を振るだけなのだ。
ある学生が言うには、地方によっては10分くらい続くらしい。
こんな挨拶が一方的にずーっと投げかけられるようになった私は、最近かなりウズベク化しているんだと思う。
ちなみにウズベク語の授業で一番はじめに習ったのは、この挨拶だった...(笑)


年上は敬われる
されどムスリム、やはり宗教的に年上はかなり敬われる。
私は実年齢から8ほど足した年に見られることが多いので、大学では学生たちから信じられないほど敬われる。
もちろん女性に年齢を聞くのも当然である。
自分より明らかに年上には聞かないらしいので、ちょっと複雑な気分....
ほかの学生とほとんど同じ年齢なのに(´;Д;`)


トイレットペーパーとゴミ箱は必ず左側
日本人なら右側に置きたくなるが...
やはりされどムスリムの国。汚いものには左手を使うこの国では、当然トイレットペーパーとゴミ箱は左側に設置されている。
ちなみにペーパーは流すとトイレが詰まってしまうので、使用済みの紙は流さずにゴミ箱に捨てる。
日本に来たウズベク人がまず驚くことの一つは、トイレに紙が流せる点だそうだ。


ウズベキスタンの風邪にはウズベキスタンの風邪薬
こっちで風邪をひいたときに、日本の風邪薬を使っても全く効く気配はないのに。
しぶしぶ薬局で安い風邪薬を買って飲むと、翌日にはケロリと治る。
劇薬なんじゃないかと心配になる。体にいいのだろうか...?
ちなみに、虫刺されも同様である。
日本のムヒは全然効かないのに、こっちの塗り薬を使うと一発で治る。
本当に劇薬なんじゃなかろうか...?


ウズベクの女性の挨拶は....
ウズベキスタンでは、仲のよい女性同士なら「口と口で」キスをして挨拶をすることがある。
親戚や近所、幼馴染などなど、本当に仲の良い女性同士の挨拶である。
私はまだ、頬に何度かキスされる程度だが、いつの日か.......((((;゚Д゚))))
何だか緊張してしまう。


歌い踊り狂うウズベク人たち
ウズベク人は踊りと歌が大好きな国民である。
何かにつけて踊り、歌う。それが結婚式などのお祝いの場なら誰も彼らを止める術を知らない。
そんな場所に外国人がいると、拒否権なく踊りの和に加えられてしまう。
意を決してレズギンカを踊ったりすると、多くは拍手喝采で、携帯電話で動画を撮り始める。
日本代表、頑張らねば(^_^;)



...まだまだあるのだが、あまりに長くなってしまうので今日はこれまで。
「文化の違い」と一言で片付けてしまうにはあまりに勿体ないくらいに、面白いことが多いのがこの国である。

 ちなみに、ウズ行き航空券は格安航空券を検索できるスカイスキャナーがおすすめ。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ