2014年2月26日水曜日

帰国を4日後に控えて

4日後には、長らく暮らしたタシケントともお別れだ。

2013年3月12日にこの地に来てから約1年。
355日の留学生活が間もなく幕を閉じようとしている。

日没は18時過ぎになった

つい少し前までは極寒の日々が続き、日没は早く。
薄暗い冬がずっと続くかのような感覚に陥るほどだった。
ところが春は足元の小さなところから少しずつ芽吹き始めた。
日没も気が付けば18時過ぎ。
私がタシケントにやって来たときと、ほとんど同じくらいに日が沈む。

遂に季節が一周してしまったようだ。

春の足音が聞こえてくるよう


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿