2014年2月17日月曜日

筆者の帰国と、ブログの今後について

突然のお知らせではありますが、
当ブログの筆者は3月初旬に留学期間を終え、日本に本帰国いたします。

ただ、当ブログは今後も更新を続けていくつもりです。
今後は以下のようなテーマを主に取り扱っていく予定です。

 ・ウズベク語講座 (簡単な会話 ~ 初級文法解説)
 ・ウズベキスタン観光情報
 ・ウズベキスタンのニュース解説
 ・ウズベキスタン留学情報
 ・引き続き、読者の皆さまの疑問の解決

そのほか、読者の皆さまからのご希望があれば逐次お応えしていこうと思っております。
今後とも、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。


さて、1年とは長いようで本当に短く、帰国が2週間後に迫った今も実感がありません。
土砂降りの雨の中、タシケント空港に降り立ったのがまるで昨日のことのよう。


帰国を2週間後に控え、やっと今日パッキングをしようと思ったわけですが。
思った以上に蔵書が増えていたことに気付き、一体どうやって日本に持って帰ろうか試行錯誤しているところです。
郵便も一定の信頼は置けますが、やはりタシケントの古本屋を回って集めた大切な本。
もう二度と手に入らないかもしれない、と思うと郵送は躊躇われるところ。

30冊余の書物を手荷物と預け荷物に滑り込ませられるか否か


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

1 件のコメント:

  1. 日本では、家族、親せき、友人、おいしい食事などがあなたを待っていることと思います。お疲れ様でした

    返信削除