2014年3月31日月曜日

ウズベキスタンでは警察官に要注意?

正義の警察官が敵になる――

そんな不当なことが日常的に起こる国,ウズベキスタン。


街中を歩く不慣れな観光客を狙い,パスポートを見せろと言い。
あらゆるイチャモンをつけ,言葉が分からず不安な観光客相手にワイロを要求する――


そんな汚職がまかり通っているのが,この国の警察官である。
もちろん全ての警察官が,こんな悪にまみれた最悪野郎というわけではない。
中には親切な人だってたくさんいる。
だが,残念ながら腐敗した警察官が多く存在するのも事実である。


街中でよく見かける光景。緑色の制服が警官だ。
この緑色の制服から,キュウリと呼ばれたりしている。


だが,実際には観光客自身が本当に問題を持っており,警察官がそれに気が付く,というパターンも少なくないようだ。
なので,ウズベキスタンに行く際には致命的なイチャモンを付けられないためにも以下のことに注意されたい。


パスポートは必ず携行する
これは法律で定められているので,絶対に守りたい。
ホテルに到着したら,すぐにレギストラーツィア(滞在登録)をしてもらい,すぐにパスポートを返してもらうこと。
外出する際には肌身離さずに携行しよう。


レギストラーツィア(滞在登録)は絶対にすること
ウズベキスタンに到着したら,72時間以内に必ず滞在登録をすること。
安宿ではやってくれないところもあるので,宿泊する前にレギストラーツィアをしてくれるか必ず確認すること。
地球の歩き方に載っているような,有名ホテルなら間違いない。
また,前日のレギストラーツィアがないと宿泊させてくれないホテルもあるので注意。


入国時・出国時の税関申告は正確に
ウズベキスタンに入国するとき,出国するときに「税関申告書」を記入する。
これは必ず正確に記入すること!
また,入国時に2枚書き,1枚は手元に戻してもらうこともお忘れなく。
とりわけ若い男性観光客が,出国時に抜き打ち検査(申告額と所持額が正しいかを見られる)をされることが多いようだ。
10ドル程度のズレなら問題ないようだが,何れにせよ出来るだけ正確な金額を記入したほうがよい。
また,出国時の申告額が入国時よりも増えているのも問題になる。
キャッシングのしすぎには注意が必要だ。


荷物検査には素直に応じること
メトロの入り口に,必ず警察官がいる。
荷物が大きかったり,明らかに観光客の場合は荷物を見せろと言われる確率が高い。
だが,ここでは素直に荷物を見せること。
自分から見せにいくくらいの低姿勢でいれば,適当に荷物をチェックするだけで終わる。
また,ここでパスポートの提示を求められることもあるので,その場合にもきちんと見せるべし。
(だからこそ常時携行とレギストラーツィアが必要なのである)


身なりにも注意
イスラーム過激派への警戒か,立派なひげを生やしていると街中で警官に止められることもあるらしい。
また,あまりにひどい身なりをしていたり,大きな荷物を持って街中を歩いていても警官に止められるだろう。
街歩きの際はサッパリとした身なりでいるとよい。



目立たないように過ごしていれば,基本的に警察官に何か言われることもない。
筆者は顔立ちも服装も現地人に近かったからか,ほとんど止められたことがなかった。
止められそうになったら,ウズベク語で馴れ馴れしく話しかけて,「じゃあ達者で!」と去るのがポイントだ。(ウズベク語が出来る人は試す価値あり)


だが,これはレアケースだという。
基本的に,単独で行動する限り,滞在中に1度は警察官に止められることを覚悟しておいたほうがよいだろう。
その際には基本的には素直に従い,それでもイチャモンをつけてくるようなら,すぐに日本大使館に相談すること。周囲に人がいれば電話を借りてでもすぐに連絡したほうがよい。



このように,悪いところにばかり触れてきたウズベキスタンの警察官だが,少しばかり同情もする。
彼らは凍てつくように寒い雨の日も雪の日も,50度を超える猛暑日も,外でじっと立って街を見ているのだ。
本当にキツイ仕事だろう。

それが,国民からは「あいつらは仕事をしない」や「いちいち難癖をつけてくる」と言われているのだから,何だか気の毒にも思えることがある。
だからこそ,こんな風にイチャモンもつけたくなるのだろうよ.....

ネットで見つけた笑顔の素敵な警察官。
このような良い警察官だって少なくない。

そんなことを思う,今日この頃のこと。
警察官の友人からメッセージが来たので,今日は警察官についての投稿をしたのだった。(前半で警察官について悪いことをたくさん書いてごめんなさい)


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿