2014年7月17日木曜日

留学で役立つ!必修ウズベク語 (ウズベク 2-dars)

いよいよ夏も本番となり、周囲ではこれから留学に旅立つ人が準備に奔走する姿が見られる時期となってきた。
そこで、今回はウズベク語の授業で役に立つ表現をいくつか紹介したい。

思えば、私が留学を始めた当初は、
ウズベク語は「こんにちは」くらいしか話せなかった。(!)

なので、ウズベク語の授業では信じられないほどに苦労した記憶がある。
もちろんロシア語で一部は解説してもらえるが、あくまで一部なのでウズベク語の部分が分からないと完全に理解できるわけではなく。
先生が言っていることも理解できない、教科書も理解できない、宿題も理解できない、そもそも宿題という単語を理解していない......

そんな具合でウズベク語の授業の履修を始めた最初のひと月は、とにかく授業の前には憂鬱な気分で過ごしていた。
そして毎度のことながら、授業で頻出する簡単なフレーズや単語くらいは事前に学んでおけばよかったと後悔するばかりであった。

ウズベク語でアリシェール・ナヴァイーの詩集を読みきれる日も遠くはない?

そこで、今回は留学当初の私のノートにビッシリと書き連ねられた頻出フレーズから厳選したものを、いくつか取り上げておきたい。
願わくば、これからウズベキスタンに留学される方で、実はウズベク語はきちんと学んでないんだよね..... という方の、ちょっとした助けになればと思いつつ。

まずは必ず知っておきたい疑問詞
Kim? だれ? / Who? / Кто?
 - Kim bu? - これは誰?
Nima? なに? / What? / Что?
 - Nima bu? - これは何?
Qachon? いつ? / When? / Когда?
 - Qachon keldingiz? - いつ来たの?
Qayerda? どこで? / (at) Where? / Где?
 - Qayerda turasiz? - どこに住んでいるの?
Qayerga? どこへ? / To where? / Куда?
 - Qayerga borasiz? - どこへ行くの?
Qayerdan? どこから? / From where? / Откуда?
 - Qayerdan keldingiz? - どこから来たの?
Nega? / Nima uchun? どうして? / Why? / Почему? 
 - Nega kelmadingiz? - どうして来なかったの?
 - Nima uchun siz buyerda? - どうしてここにいるの?
Qanday? どのように? / How? / Как?
 - Qanday rangda? - 何色か?
 - Ishlaringiz qanday? - お仕事はどう?
Nechta? いくつ?(数) / How much? / Сколько?
 - Nechta kitob? - 何冊の本?
Kimning? / (Kimniki?) だれの? / Whose? / Чей?
 - Kimning sumkasi? - 誰のかばん?
 - Bu sumka kimniki? - このかばん誰の?
Qaysi? どの? / Which / Какой?
 - Qaysi shaharda? (どの街で?)
Qancha? いくら? / How much? / Сколько?
 - Qancha suv keladi? - どれほど水が入る?
 - Qancha turadi? - いくら? (金額)
Necha? どれほど?
 - Necha yoshda(siz)? - 何歳?
 - Necha pul? - いくら?(金額)

以下は、ウズベク語の授業中に頻出するフレーズである。
これらを覚えておけば、初めてのウズベク語の授業でも最低限「分からない」ことを口頭で訴えることはできるだろう。(私は最初はそれさえも出来なかった)

覚えておきたい授業中の表現
Assalomu alaykum
- Va-alaykum assalom.
こんにちは(アラビア語由来の挨拶)
(上に対する返答)
O’tiring.
Turing.
座ってください
立ってください
[動]o’tirmoq (座る) / [動]turmoq (立つ)
Darsni boshlaymiz 授業を始めましょう
[名]dars (授業) / [動]boshlamoq (始める)
Kim yo’q?
Kim bor?
誰がいませんか?(出欠確認)
誰がいますか?
Kitobni o’qing.
To’g’ri o’qing.
Tez / Sekin o’qing.
教科書を読んでください
正しく読んでください
速く / ゆっくり読んでください
[名]kitob (本) 
[形]to’g’ri (正しく) / [形]tez (速く) / [形]sekin (ゆっくりと)
Gapni tarjima qiling. 文章を訳してください
[名]gap (文) / [動]tarjima qilmoq (翻訳する)
Savolga javob bering. 質問に答えてください
[名]savol (質問) / [動]javob bermoq (答える)
Eshiting. 聞いてください
[動]eshitmoq (聞く)
Tushundingizmi?
Tushundim.
Tushunmadim.
Tushnarlimi?
Tushnarli.
Tushnarli emas.
(あなたは) 理解しましたか?
理解しました
理解しませんでした
理解していますか?
理解しています
理解していません
[動]tushumoq (理解する)
[形]tushnarli (理解した)
Kitobni oching / yoping. 教科書を開いてください / 閉じてください
[名]ochmoq (開く) / [名]yopmoq (閉じる)
Daftaringizga yozing. ノートに書いてください
[名]daftar (ノート)
Yana qaytaring. また繰り返してください
[副]yana (再び) / [動]qaytarmoq (繰り返す)
Bu nima degani? これはどういう意味ですか
Savolingiz bormi?
Ha, (savolim) bor.
質問がありますか
- はい、(私には質問が)あります
So’rasam maylimi? お尋ねしてもよろしいですか
[動]so’ramoq (尋ねる) / [モダル]mayli / よろしい
Men bu gapni tushunmadim. この文章がわかりませんでした
Yangi dars 新しい授業
[形]yangi (新しい)
Uy ishi 宿題
[名]uy (家) / [名]ish (仕事)
Dars tugadi. 授業を終わります
[名]tugmoq (終わる)
Rozimisiz?
Roziman
Rozi emasman.
賛成ですか
賛成です
賛成しません
[形]rozi (賛成した)
Menga yordam bera olasizmi? 私を助けてくれませんか
[名]yordam (助け) / [動]bermoq (与える)
Kirish mumkinmi? 入ってもいいですか
[動]kirmoq (入る) / [形]mumkin (可能である)
Xayr
Ertagacha xayr
Dushanbagacha xayr
さようなら
明日までさようなら
月曜日までさようなら
[モダル]xayr (さようなら) / [名]ertaga (明日)
Kechirasiz, lekin men ketshim kerak. ごめんなさい、行かなくてはなりません
[慣]kechirasiz (ごめんなさい)
[動]ketmoq (行く・去る) / [形]kerak (必要がある)


また、曜日についても授業の予定を組み立てるとき(交渉するとき)に必要だ。
覚えておいて損はない。
ただし、曜日に関しては都市部ではロシア語で言う人も多いので、ロシア語も覚えておくとよいだろう。
Yakshanba (kuni) 日曜日 воскресенье
Dushanba (kuni) 月曜日 понедельник
Seshanba (kuni) 火曜日 вторник
Chorshanba (kuni) 水曜日 среда
Payshanba (kuni) 木曜日 четверг
Juma (kuni) 金曜日 пятница
Shanba (kuni) 土曜日 суббота


そのほか、必ず知っておいたほうがよいものとして、月の名前も挙げておきたい。
こちらはウズベク語もロシア語もほとんど同じなので、覚えるのは楽である。
1月 yanvar / январь
2月 fevrar / феврарь
3月 mart /  март
4月 aprel / апрель
5月 may / май
6月 iyun / июнь
7月 iyul / июль
8月 avgust / август
9月 sentyabr / сентябрь
10月 oktyabr / октябрь
11月 noyabr / ноябрь
12月 dekabr / декабрь

そのほか、大切になってくるのは数字・数詞であるが、こちらは次回のウズベク語で取り上げたいと思う。
また、挨拶に関しては「ウズベク語の挨拶(ウズベク語①)」を参照のこと。


[広告]

ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2014年7月13日日曜日

ウズベキスタンの大学学生寮での生活

留学ブログと銘打っておきながら、
留学生活の主な舞台の一つとなる学生寮を取り上げていないことに気がついた。
帰国から数ヶ月が経ったので、自分の部屋の写真を公開しつつ、大学寮での生活を語ろうと思う。

私自身は、タシケントに到着してから寮生活をしたのは実際は3ヶ月程度だったが、かなり色々な思い出がある。それほどに寮生活は印象的なものだ。
ちなみに、入居した当初は隣の部屋がインド人の研究者で、短期で来ていた人だった。
よく大変美味しい本場のカレーをいただいたのが思い出深い。

わたしが留学した「世界経済外交大学」の入り口の門
警察が常駐しており、顔なじみ以外は身分証の提示が求められる


さっそく私が暮らした部屋をできる範囲で紹介しよう。
まず、私の部屋は6帖ほどの広さで、外国人留学生だからか個室だった。

部屋のドアを開くと、左右に同じような部屋が1部屋ずつ。(以下間取り図参照)
玄関を共有した隣の部屋は空き部屋だったので、実質的には2部屋使えたのだが掃除が面倒なので、片方の部屋しか使っていなかった。
ちなみに、家賃は無料である。

私が入居していた寮の間取り図


寮の建物自体は6階建てで、かなりの数の学生が暮らしている。
1階の入り口には寮母さんが常駐しており、学生以外は立入りに許可が必要。
ちなみに門限は23時である。それ以降になると入ることができないので注意が必要だ。(他大学の寮は22時のところが多いようだ)


寮の半地下となっている場所には床屋や小さな売店もある。
また、学生の自治があるのかないのか、個人的にコピーなどの小さなビジネスを請け負っている学生もいる。こうした情報は寮に暮らしていれば容易に得ることができるだろう。


ちなみに、「ウズベキスタン生活事件簿」(2014年3月23日) でも触れたとおり、私はなぜか男子寮に入寮させられることとなった。
そのため、単身入居という措置がとられたのかもしれない。
当然、隣近所の部屋に住まう学生はすべて男性のため、必然的に友人は男子学生が多くなった。


また、台所は各階に1つあり、共有である。
こちらは男子寮ということか、衛生的にはかなりひどい状況のため、私自身はここで調理することはなかった。(タラカンなどの虫たちとお友達になれる....)

ただし、ウズベキスタンでは「個食」は文化的に受け入れられないのか、基本的にご飯は誰かと一緒に食べるのが通常のようだ。
隣近所の部屋の学生とよくプロフを一緒に食べたのはいい思い出である。


男子学生たちは上に示したような間取りの部屋に、大体4人くらいが共に生活している。
学年は同じで、出身地はバラバラのようだ。
だが、その中に誰かしら必ずプロフ作りの上手な人がおり、かなり美味しいプロフを常時振る舞ってくれる。

男子学生たちの寮内での日々のプロフ会の様子。
若い男性陣はとりわけよく食べる。30分もすれば、写真中央部にあるノンもすべてなくなるほど。


部屋はそんなに綺麗ではないし、建て付けも良くない。
だが、ほかの大学では基本的にシャワーやトイレも各階で共有とのことなので、外交大学の学生寮はそのあたりは恵まれているのかもしれない。
また、毎朝掃除のおばさんが来てくれるので、ほこりが気になりはじめたら彼女たちに掃除を頼むこともできる。


特筆すべきは7月から8月までの夏休み期間中、寮が閉鎖されることであろう。
こちらは交渉次第でなんとか延ばすことはできたが、寮には人っ子一人いなくなる。
学生たちは、夏休みは帰省するのだ。
また、ウズベキスタンの夏は大変暑い。
私の部屋は6階にあり、コンクリ建てで日当りもよかったので、室温は60度を超えたこともある。クーラーはもちろんないし、扇風機の持ち込みも難しい。
夏場、寮に住むことはおすすめできない。


以下、思い切って当時の私が暮らした部屋を公開することにする。
若干机の上に物が多いのは目を瞑っていただければと思う。

共有出入り口をくぐると、自分の部屋へのドアがある。
玄関などはないので、靴などはドアの前に並べていた。
ちなみに写真の手前左側はシャワールームがある。

あまりこの写真からは伝わらないかもしれないが、調度品はどれも古い。
いずれの品も、だましだまし使うことになるだろう。
水やお湯も予告なしに止まるので注意が必要だ。
赤茶色の水が出てくることも珍しくない。
私の部屋は6階にあったので、水圧も弱くて慣れないうちはかなり大変だった。


私の部屋の全景。
若干ものが多い。奥のベランダに通じるドアは建て付けが悪く、閉まったり閉まらなかったりする。


私の部屋の机の上。やはりものが多い。
だが、勉強する分には十分事足りる。

夏休み中の学生寮の廊下。廊下は結構綺麗だ。
だが、学生たちはみんな帰省中なので誰もいない。


ただ、日本人学生、とりわけ女子学生にとってはウズベキスタンの学生寮に暮らすのはかなりリスクが高いかもしれない。

というのも、私のように男子寮に振り分けられることも珍しいことではないため、その時点でリスキーである。私自身も、しつこい男子学生に付き纏われたり、毎朝部屋の前に花束を置かれたりと、かなり気持ち悪い体験もしたことがある。
さらに、ドアの建て付けも悪く、鍵穴も信じられないほどにゆるい。

また、今では笑い話となっているが、部屋に盗聴器があるかもしれない。
私の部屋には思いっきり設置されていた。(「ウズベキスタン生活事件簿」参照)


何かがあってからでは遅いので、極力大学の外でクヴァルチーラを借りたほうがいいと個人的には思う。
しかし、ウズベクの学生たちの暮らしを生で見られる機会もそうそうない。
1ヶ月程度なら良い経験になるだろう。


ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ

2014年7月4日金曜日

衝撃! タシケントのプロパガンダ看板たち (2013-2014)

帰国してからというもの,街中を歩いていると何だか物足りなさを感じる今日この頃。
一体何が足りないというのか――「プロパガンダ看板」である。(以下、例)

どうでもいいことだが、個人的にはこの写真が一番気に入っている。


タシケントの街中を歩いていると,必ず目にするのがプロパガンダ写真だ。
大体の看板は,ウズの特徴的な建造物などをフォトショップなどで適当に張り付け,そこにウズベク語でよくある文言が書き連ねてある。
石を投げればプロパガンダに当たる――は言い過ぎだが、場所によってはそれくらいたくさんある。

どれも似たようなものばかりだが,どれも一様に少しずつ異なる。
筆者がタシケントに暮らした2013年から2014年前期にかけて,街中で撮影したプロパガンダ写真を色々と紹介しようと思う。

何の役に立つのかは分からないが,こういうのが好きな人もいるに違いないと踏んでいる。
また,ウズベク語での意味が分かれば,例えば旅行したときにはちょっとした楽しみも増えるかもしれない....

ちなみに、なぜか大統領が映った看板は大変少ない。
これは色褪せや雨に打たれることなどなどを嫌がった結果なのかと推測している。




ブログランキングに登録中です。クリックで応援をよろしくお願いいたします!
そのほか、素敵な中央アジア情報にも出会えるかも?
にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ